交通事故

交通事故によるケガの治療は千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院へお任せください

交通事故による負傷は、専門的な治療を受ける必要があります。交通事故によるケガに関して専門的ではない治療院に行くと、的確な治療を受けることができず、治療期間が長引いてしまいます。また、そのような治療を行っていると、いくら治療に通院していても一向に痛みは改善されず、快方へ向かうことが困難になっていきます。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では交通事故のケガに対して専門的な施術を行っております。交通事故患者様の受け入れは多く、これまでに多数の治療実績がありますので、患者様一人一人の症状に合わせた、オーダーメイド方式の治療が可能になっています。

交通事故に遭われた被害者の方は交通事故によるケガの治療はもちろんですが、保険会社への連絡や慰謝料請求のために必要な法的手続きなどに追われます。千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院ではこれらの事務手続きに関しても、サポート体制が整っておりますので、どなた樣もお気軽にご相談ください。

交通事故治療は痛みが大きく出ないように、当院では無痛治療を心がけています。また、痛みの原因を突き止めて、その原因を改善する根本治療を得意としておりますので、完治を目指すことが可能です。放置せずに、しっかりと筋肉を元の状態に戻していきましょう!

交通事故による怪我は保険治療できます!

交通事故による怪我は保険治療できます
事故などでお怪我をされた場合、被害者にも過失がある場合は「過失相殺」を行われることがあります。
被害者が賠償を受けられるのは加害者の過失分だけになるため、自分の過失相当分の治療費は被害者自身が負担しなくてはなりません。
その場合、治療費は被害者が保険を使用するか、自費診療での負担を負うことになります。
被害者にとっては「被害者の自分がなぜ負担するのか」と思われる方も多いかと思いますが、健康保険を使用すれば、自費診療よりもはるかに負担額は抑えられます。
なお自信の自動車保険には「人身傷害保険」がセットされているなら、こちらも使用するのも有効です。人身傷害保険は過失の有無関わらず全額保険金が支払われます。かかる治療費は保険会社から病院や整骨院に直接支払いすることも出来ますので本人は立て替えることなく保険治療が受けられます。
事故による怪我は急な身体への負担から根強い筋硬結が生まれやすいです。放っておくと傷ついた部位だけでなく、関係な場所まで痛みや不快な症状を引き起こし、時間が経過すると症状がでる頻度も多くなっていきます。保険使用できれば出来る限りの治療に通うことをお勧めします。

交通事故の怪我

交通事故による怪我は、自分で思っているよりも深く傷つけてしまっている場合も多いです。
むち打ちといって、交通事故により身体が緊張してしまい、首が鞭のような状態になってしまいます。
事故にあった直後はそんなに痛みがないからと油断をせず、まずは問診および運動検査をしてみましょう。
患者様それぞれに合った治療を行ってまいります。

交通事故の後遺症

交通事故の怪我で一番怖いのは「後遺症」です。事故当初は異常な緊張状態にあり、痛覚神経が鈍麻している為に自覚症状が無い事が多いのですが、緊張状態が落ち着いて、痛みを自覚し始めた時には長期治療をしなくてはいけない事態に陥っている…などと言う事もございます。交通事故にあってしまいましたら、必ず掛かり付けの病院や治療院へ来院される事をお勧め致します。

交通事故によるむち打ち症状

頸部に強大な外力が加わった際、頸部と頭部の非常に綿密な均衡が崩れ、外部からの衝撃と、頭部の重みがダイレクトに頸部にのしかかります。可動域は非常に優れものですが、頭部に比べてとても華奢な構造をしている頸部には、非常に重要な神経組織が集中しております。頚部椎間板ヘルニアを併発致しますと、根症状と言いまして、脳から直接伸びている神経線維をヘルニアの出っ張りと、衝撃により緊張して硬くなってしまった頚部周辺の筋肉が、神経の通り道を狭め圧迫してしまうのです。

保険会社との交渉は整骨院が行います

交通事故の保険を使う際に手間となるのが、保険会社との交渉です。
整骨院に通われる旨を保険会社に伝えて頂ければ、あとは我々がきちんと交渉させていただきます。
なので、患者様に負担はかかりません。

痛みの自覚症状がない場合も。。

交通事故による怪我で、外傷などは目に見えて怪我の度合いを自分でも把握できますが、筋肉の傷はもちろん目で確認できませんし、痛みをかばうようにして周りの筋肉が緊張して痛みをごまかしてしまうことが人間の生理的反応の中で起こります。幼少期のちょっとした怪我によるコリでさえも、何十年と体内に潜伏して痛みを出す事があります。事故によって身体に衝撃を受けたという方は痛みがなくとも、まず受診していただくことをお薦めします。
事故での衝撃で起きた筋肉のコリ、正式には「筋硬結」と言いますが、筋硬結ができると体内に様々な悪影響を及ぼします。先程も説明しましたが、筋硬結ができると周りの筋肉が緊張、つまり”ハリ”が起こります。筋緊張を起こすと筋肉の静脈を圧迫し、筋肉はうっ血し酸素不足になります。酸素不足になると筋肉は血液の循環不全になり、体表ではむくみを起こします。一般的に「むくみ」というと、ふくらはぎのむくみなどが想像しやすいかと思いますが、ふくらはぎの深層にも筋硬結があり、筋肉が固くなると静脈を使って心臓に血液を戻す力が低下して重力で水分が足元に残りむくみにつながります。
浮腫みや筋緊張を起こしている箇所は筋硬結が潜伏しています。痛みがなくても何か違和感など感じたら是非相談してください!

交通事故の後遺症

後遺症(こういしょう)とは、交通事故の被害に遭って怪我をした場合に、急性期症状が治癒した後も、何らかの機能障害などや症状や傷痕として残ることがあります。原因としては急性のケガが治ったとしても痛みを出している根っこの部分が治っていないからです。事故などの強い衝撃を受けると筋肉が急激に収縮し、強いコリになります。
そのコリが取れない限りは後遺症などの症状が出てしまいます。
後遺症の症状は「目に見える症状」と「目に見えない症状」がありますが、
「目に見えない症状」の代表になるのが筋肉のコリになります。
目に見えない分治療を後回しにしがちですが、放っておいて治るものではなく、症状が悪化してしまいます。
その症状をご紹介していきます。
・むちうち
筋肉の強いコリからが首筋や背中、肩のこりや痛み・耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振や脱力感などの症状が出現するケースが多く、事故当日に発生することは滅多にないものの、翌日あたりから症状が出現することが多いです。
・手足のしびれ
腰のコリから神経を通じて、脳や手足に何らかの障害が残って、手足に鈍いしびれなどが残るケースもあります。
・めまい
交通事故はもちろん、自動車事故で頸椎損傷を起こして治癒をしたものの、その後も低髄液圧症候群『脳脊髄液減少症』でめまいなどが長く続くことがあります。
・神経痛
むちうちや脳へのダメージなどで、神経痛が継続して生じることがあります。

むち打ちをもう少し詳しく…

むち打ちは、例えば車を追突された、もしくは追突した場合、身体はシートベルトに固定され、首だけが前に衝撃を受けるようになります。
その瞬間的に筋緊張が起こり、筋硬結が生まれます。筋硬結ができる過程としては2パターンあり、普段の生活の中でお仕事や家事など身体の負担がじわじわと積み重なり悪くなり方もあれば、事故などの強い衝撃による筋硬結もあります。
事故などの強く衝撃がかかった筋肉は筋の硬さも根強く、硬結を軽くしていくためには時間が必要になってきます。筋硬結ができた場所は痛みを避けようと周りの筋肉の緊張や筋浮腫を生みます。
そう致しますと、筋肉の緊張は身体のバランスを悪くし、日常生活から痛い場所をかばい合ってしまうかたがほとんどであります。筋肉に傷がつくとそこには炎症が起こります。炎症というのは段階を経て、最終的に治癒、治ったというのがゴールになります。
ただ筋肉が悪くなると、周りの筋肉によってかばいがでるので炎症反応が途中でとまってしまいます。そうなると、筋肉への血流が遮断され、筋硬結(しこり)ができるのです。
筋緊張やむち打ち症による頚部痛・頚部周辺の不快感は特に代表的な症状の一つです。交通事故には様々な原因があるためにその損傷部位は一定ではなく、筋群・椎間板・椎間関節など、色々な損傷があると言われています。 その中でも、一般的には椎間関節がその発症部位として最も頻度が高いとも言われています。

交通事故は感即動!

交通事故に遭われた際は、何が重要なのか…
それは「感即動」の三つです!
交通事故に遭ったと感じた時、すぐに周りの通行人や警察に助けを求め、動かずじっとしている。
本当の感即動とは若干違いますが、でも本当に大事なことなのです。
例えば交通事故にあったけど大したことがないため警察を呼ばず、後日身体に痛みや不快感が出てきたときにいざ交通事故保険を使おうと思っても、使えないときがあります。それは、警察を呼んで現場検証をしていない時です。
警察の人がそれを証明してくれなかった際、保険を使うことが非常に難しくなってくるので、交通事故にあった際は大したことはないと思っても後後の事を考えてすぐに警察を呼んでおきましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日