むくみ

つらいむくみの症状は自律神経の乱れのサイン!?むくみの治療は千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院をおすすめします

夕方になると足がむくんでパンパンになる・・・といった症状にお困りの方はいらっしゃいませんか?手足のむくみは、筋肉の循環不良が原因で起こっています。身体の隅々まで血液が行き届いていないために、むくみは生じてしまいます。血流が悪くなると、新陳代謝も低下し、体内に水分や老廃物がたまりやすくなり、むくみとなってしまうのです。

「むくみが出る」という症状は、自律神経が乱れているサインでもあります。このサインを見逃さずそのまま放っておくのではなく千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院などの治療院で診察してもらうことをおすすめします。

むくみの施術は、症状の原因を突き止めて、その原因を改善していくところから始まります。身体の歪みが原因になっている場合は骨盤矯正を行い、背骨や骨盤の位置を元に戻してあげるのです。また千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では筋肉治療、特にインナーマッスルセラピーを得意としており、マッサージによる手技療法にも定評があります。凝った筋肉をしっかりとほぐして緩めてあげることで、血流を促進していきます。

どうして浮腫んでしまうの?

浮腫が出てしまう原因をご存知でしょうか?一言で言うなら、「血液循環が悪くなっているから」です。筋肉に疲労がたまったり、筋硬結が出来てしまうと、血管が締め付けられて、血液循環が悪くなります。そうなってしまうと、血液の水分の行き場所がなくなり、細胞の外に水分だけが滲み出てきてしまいます。滲み出た水分が浮腫になるのです。そのため、浮腫みを改善するためには、筋肉の悪さを取り除き、血流を改善する必要があります。千歳烏山のナチュラル整骨院では、筋肉の悪さを取り除くために、深層筋治療をしております。必ず改善しますので、是非御来院ください。

むくみの改善には《インナーマッスルセラピー》!

むくみを改善するために、皆様どんなことに力を入れていますか?
例えば、運動をする、食事に気をつける、睡眠時間を確保する・・・などなど
極論、どれも大正解だと思います!!ただし、身体は冷やすことのないようにしてください。
もし可能であれば、そこに「治療」をいれると、よりGOODです!!!
当院で行っているインナーマッスルセラピーは血流の改善に大きくパワーを発揮します。
ぜひ一度むくみ改善の治療を受けてみてください。
むくみの根っこを取り除いてあげることが、非常に大きなポイントとなっていきますよ。
日常生活でのアドバイスも、私たちスタッフが心を込めてお伝え致します。

むくみの正体は何か?

むくみは筋肉が、何らかの影響で硬くなってしまい、血管を圧迫することによって血液を滞らせてしまった際に、にじみ出てしまった「水分」なのです。そのために、筋肉の状態を良くしてあげて、緩めてあげることでだんだんとむくみはなくなってくれるのです。しかし、むくみというのは二次的に出てしまっている症状で、本当に取り除いてあげなければいけないのは、筋肉の硬さです。これを取り除くことができないと、むくみは何回でも出てしまうのです。むくみは筋肉によって起こってしまっている症状なので当院の深層筋治療でそれは確実に良くなるのでご安心ください!他にもお身体にお悩みがある方はぜひ当院へご来院ください!!

むくみの原因は2

疲れてくると浮腫んでくる・・・なぜでしょうか。それは疲れやストレスがたまると血液中にプロテオグリカンという特殊な物質が発生します。その「プロテオグリカン」が水分子を寄せ集めてしまい、血液中に水分が貯留してしまうのです。当院の深層筋治療では、血管により近い、深層筋に刺激を入れていきます。深層筋を治療してむくみのない体を作ってみませんか。

むくみを取るには

むくみは「頑固なむくみ」と「柔らかいむくみ」の2種類あります。以前に説明したプロテオグリカンが水分を引き寄せてしまい、ガッチリと結合しているむくみは頑固に、弱く結合してしまっているむくみは柔らかく、といった仕組みです。この2種類のむくみに対しての解決方法ですが、柔らかいむくみに対してはさするくらいのマッサージで取れていきます。逆に頑固なむくみに対しては、しっかりと刺激を入れないと改善は難しくなっていきます。

むくみを取るには2

頑固なむくみを取るためには、ある程度の刺激が必要になってきます。ただ初めから強い刺激を入れればむくみが解消されるかというと、そうではありません。なぜなら、むくみの周りをさらに筋肉が固く覆ってしまっているからです。最初から強い刺激を入れてしまうと表層の筋肉が逆に固くなってしまい、むくみまで刺激が到達しないのです。だからこそ、筋肉治療は必要なのです。

むくみを取るには3

頑固なむくみを取るためには、始めは気持ちいい程度の刺激を入れて、表層の筋肉を緩めた後に、少し奥のほうまでしっかりと刺激を入れていきます。このような手順をしっかりと取れば、血液の循環が良くなり、むくみが消えていきます。さらに、むくみづらい体質改善をするためには、むくみを生み出してしまっている「筋硬結」という筋肉にできてしまったしこりに対して刺激を入れていく必要があるのです。私達の行っている治療は、この筋硬結をしっかりと除去することが目的です。むくみの根本的な原因に対して、しっかりと向き合ってみませんか?身体の状態を説明しながら、愛情を込めて治療させていただきます。

血液をサラサラにしよう!

血液をサラサラにするなら、お水を一日に2リットル飲むようにしましょう!
本来はむくみに対してお水を飲むという行為は悪化させるイメージですが、飲んだお水がそのまま身体の余分な水分であるむくみになるわけではありません。
飲んだ際に血液に吸収され、そして、余分な水分は代謝されていきます。
そして、血液がサラサラになっていくため、お水を飲むことは身体に良いのです。

むくみを取るには内臓系から!

内臓が悪いとホルモンバランスが崩れてしまい、代謝が乱れてしまいます。
代謝が乱れれば体内にある水分を外に排出することが出来ない為、筋肉と皮膚との間に溜まっていき、これがむくみとして身体のいたるところに出現してしまいます。食事に気を付けたり、ストレスを溜めこまないようにして行きましょう!

夏場でもむくみはあります

冷えやむくみといえば寒い時期を連想される方も多いですが、実は夏場もむくみや冷えが出やすいのです。
なぜがというと冷房で身体を冷やしてしまい、血液循環が悪くなるからです。
ここ最近ではすぐに夏に最高気温が30°を超えることが多く、冷房をつけるのが必須となってくるので冷やし過ぎに注意しましょう!

むくみの原因は血液循環障害です。

体内の大量の水分が失われてしまう、昨今の夏。ついつい冷たいものを大量に飲んでしまいがちではございますが、冷たいものは控えめで、出来れば常温の状態で、水分を補給してください。体内の温度が急激に下がりますと、胃腸などがストレスを受け、知らぬ間に筋肉が緊張してしまいます。筋肉が緊張してしまいますと、周囲の血管を圧迫し、血流を阻害致します。滞った血液は、余分な水分を周囲の細胞に運んでしまします。それが浮腫みの正体です。

自律神経の乱れとむくみ

自律神経の役割に血管の収縮作用などがあります。
自律神経の一つである交感神経が正常に働かなければ血管収縮作用が弱まり、その結果としてむくみが貯まります。
ストレスからも自律神経は乱れやすいので、ストレスを溜め込み過ぎないよう十分に注意しましょう!

むくみの原因はズバリ

むくみの原因はズバリ深層筋です。なぜかというとむくみは抹消の血液がそこに滞留してしまし、老廃物や疲労物質が溜まってしまうのです。表層の筋肉ではなく深層の筋肉の方がより血管に使い為その筋肉が硬くなってしまうと血液の循環が悪くなりむくみが発生してしまうのです。積極的に深層筋を柔らかくしていきましょう。

むくみは「浮腫み」と書きます

漢字で書くと非常に重々しい様な感じが致しますが、その字の通り、軽々しく放置していてはいけません。原因は何らかの要因で筋肉が硬くなってしまい、血流が滞ってしまった結果、滞留している血液から老廃物とともに余計な水分が周辺の細胞に染み出してしまった現象なのです。
放置せず、是非当院で筋肉を柔軟にし、「浮腫み」の起きない身体づくりをしていきましょう!

むくみ症状は、血流の停滞が起こします。

美容にも健康にもよろしくない「むくみ」ですが、実は血液の滞留が招いている事をご存知でしょうか?
筋肉の緊張などで、血流が滞りますと、血管から血中の水分が染み出してきて、周辺の細胞に分布されてしまいます。冷え性の方にむくみが多いのも、血流の低下によるものなのです。
是非、筋肉のポンプ作用を活性化させ、健康的で美しいお身体を維持していきましょう!

夏の時期のむくみ

暑さにより冷房を使用する機会があるかと思います。そうすると冷房の冷たい風が体に当たってその刺激により筋肉が硬くなります。そうすることで筋肉内の血流が悪くなり血管の外に水分が出てしまいむくみに繋がってしまいます。またアイスやビール、炭酸飲料などの冷たい飲食物も体の冷えに繋がってしまいますので気をつけていきましょう!

足のむくみ

朝起きてから足の方をみるとむくんでいるということはありませんか?日中過ごす上では重力の影響で足の血液の流れが悪くなりむくみやすくはなりますが、朝起きてから常にむくんでいるなという感覚があると腰や大腿の筋肉が硬くなって血流が悪くむくみの症状を引き起こします。

むくみ改善は血流の正常化です!

むくみは、血流が低下致しますと、停滞気味の血液中の水分が血管外部に漏洩してしまいます。
更にその様な水分は、本来体外に排出されるべき老廃物が混入しておりますので、健康にも美容にも非常に良くありません。
是非、血液循環装置の一つである筋肉のポンプ作用を活性化させ、血流を正常化して行きましょう。

筋硬結が原因

むくみの改善は単に血流改善するだけでは何度も繰り返してしまします。
むくみの根本改善は『筋硬結の除去』にあります。
筋硬結が深層筋に存在すると、筋緊張、浮腫み、疼痛、自立神経疾患など様々な症状を引き起こします。
筋肉は三層構造になっています。
一番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。この筋スパズムというのは悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている身体の状態のことを言います。
筋肉は損傷すると、発痛物質という痛みを出す物質がでます。その痛みを抑えるために筋肉の緊張が起こってきます
これは生理学的な反応と言い、自分の身体を守るための防御反応です。
次の層にむくみがあります。
筋肉に傷がつくと炎症プロセスがはじまり、発痛物質がでます。痛みがでると筋肉が痛みを抑えようとして筋スパズムを引き起こします。そうすると筋肉の静脈を圧迫し、心臓に血液が戻りにくくなります。
戻りにくくなった血液は行き場がなくなり外に水分が出てきます。それがむくみになります。
三層目は深層筋に筋硬結があります。
筋硬結を除去しなければ繰り返される不快な症状を治ることはありません。
正確な手順を踏んで、深層筋の筋硬結の除去をしていきましょう。

足のむくみは腰。顔のむくみは首回りの筋肉の硬さが関係あるかも

むくみというと、「足がむくむ」「顔がむくむ」というイメージを持つかと思います。では、その要因は何かと考えたときに体の構造上、腰・首肩が関係します。もちろん重力により循環が関りはありますが、まず足の血管は腰からつながっています。筋肉内に血管が走行しているため、デスクワークなどによる長時間椅子に座ってお尻周りの筋肉が圧迫を受けて硬くなりその影響で血液循環が悪くなります。顔周りは肩から首、首から頭や顔にかけて血管が走行しています。これもデスクワークなどでの長時間同じ姿勢で筋肉を動かさないなどが起こると首肩周りの筋肉が硬くなって血流が悪くなりむくみやすいと言われております。むくみが気になるからと足ばっかりもんだり、顔ばかり揉んだりしても一時の刺激による反射としての改善でまた戻りやすくなってしまいます。根本改善には足の場合は腰。顔の場合は首肩の筋肉、その硬さを生み出している筋肉のしこりの改善が重要になります。

むくみ改善には、血行改善!

すなわち筋肉改善です!!
むくみの原因の一つに、血行不良が考えられます。
血行の滞りの主な原因に、筋肉の硬化が考えられます。
筋肉は、健康な状態において、非常に柔軟で弾力性に富んだ組織となっておりますが、様々な要因で疲労し、結果的に硬くなってしまいます。
例えば、過剰な運動をし、それを休ませず、尚且つ栄養をきちんと補給できていないと筋肉は、疲労と栄養不足で過緊張してしまい、硬くなっていくのです。
硬くなってしまった筋肉は、周辺の血管を圧迫致します。
圧迫を受けた血管は、正常な量の血液を供給しづらくなり、血行も阻害されます。
血行が悪くなれば、筋肉に栄養が届きづらくなり、更に筋肉は硬くなってしまいます。
血行が悪くなった部位は、血流が遮られますから、血液中の水分が血管から漏れ出し、それがむくみの原因となるのです。
むくみを感じたら、筋肉の硬化を疑い、是非当院のインナーマッスルセラピーを受けてみましょう。

むくみは全身に起こります!

むくみはどこに起こりやすいか。と言われるとだいたいの方が「顔」「脚」とイメージを持つかと思います。
しかし上記のメカニズムからすると「肩」や「腰」全身にできます。

浮腫みが取れない

浮腫みがなかなか取れずに、足が重だるいや夜中に足がつってしまうという声をよくお聞きします。浮腫みがあるからお水を飲まないようにしているんですという方もいらっしゃいますが、浮腫がある方こそ、水分はしっかり取っていかなければなりません!
浮腫みの原因は血流の流れが滞ってしまうことにあります。
血流の流れとして、心臓からのポンプ作用で全身に血液を巡らせる動脈と、体中を周り不純物を回収し、心臓に戻っていく静脈とがあります。
静脈は自ら心臓に戻っていく力がないため、戻るためには筋肉の収縮を利用します。
筋肉を使わず、収縮力が弱くなってしまうと、血液が心臓に戻ることが出来ないため、浮腫となって残ってしまうのです。
水分がなぜ必要かというと、水分が少ないと血液がドロドロの状態となっていきます。流れが悪い上にドロドロとなってしまった血液を心臓に戻すのは、至難の業となってしまいます。
血液をサラサラの状態に保ちながら、筋肉を収縮させることが、浮腫み改善の第1歩です!

浮腫みの原因は

この時期になるとエアコンの使いすぎで体が冷えてしまい、血液の循環が悪くなり結果としてふくらはぎがむくみます。
では何故血液の循環が悪くなるとむくむのか。
原因は筋肉です。血液の循環は筋肉の収縮で血管が圧迫されてそれにより血液の流れが生まれます。
特に心臓に戻る静脈は筋ポンプ作用という筋肉の作用により血管が押されて心臓に戻っていくのです。
では筋肉がうまく働かないとどうなるでしょうか。
筋ポンプ作用がうまく作動せずに心臓に戻る静脈がそこに滞ってしまいます。
特にエアコンなどで体が冷えてしまうと、筋肉が硬くなり、筋肉が上手く収縮しなくなるのです。静脈が上手く心臓の方に戻らないと
静脈の中に入っている老廃物や疲労物質がそこに留まってしまい、むくんでいる部分がだるくなったり、疲れたりするのです。
では静脈をまた正常に働かせるには、やはり筋肉を鍛える必要があるのです。下腿ならヒラメ筋や腓腹筋をしっかりと鍛えてあげましょう。自宅でもかかとの上げ下げだけでもしっかりとヒラメ筋・腓腹筋を鍛えることができます。是非とも自宅で実践してみてください。
この夏はむくまない体を目指しましょう。

浮腫みの根本を直しませんか

浮腫みの原因は筋肉です。特に深層筋が原因です。筋肉は表層の筋肉と深層の筋肉の二つに分かれます。
表層の筋肉は主に身体の動きに関わり、深層の筋肉は主に姿勢の保持に関わります。
また深層の筋肉は血管や神経にも近く、血流に大きく関わるのです。
この深層の筋肉は長時間椅子に座っていたり、長時間エアコンの効いた部屋でじっとしていると固くなります。
この深層の筋肉が固くなると筋肉の繊維の一部が固まりなります。これを筋硬結といいます。しこりのようなものです。
当院の深層筋治療はこの深層にある、筋硬結に対して刺激をいれていきしこりを変化させる治療法です。
初めは表層の筋肉を緩めていき、しっかりと表層の筋肉が緩まったら次に深層の筋肉を緩めていきます。
最終的に筋硬結に対して特殊な器具を使用して刺激を入れていくのです。初めから強い刺激を入れるのではなく
緩んだ上で深層に対して刺激を入れるので安心してください。筋硬結が変化すれば、深層筋の硬さも変化してくるので
循環が良くなりむくみが減っていきます。必ず良くしますのでお任せ下さい。

浮腫みも水分補給が必要です

浮腫みが強く出る方は、水分を取らない方が良いのかもと考える方がいらっしゃいます!
浮腫みが出ているという事は、体内に水分が余っているのではと考える方が多いのです。
しかし、浮腫みが出ているからといって水分を取らなくなってしまうのは、お体の血液循環を整える上で、良いこととは言えません。
浮腫というのは、筋肉が固まり血管を圧迫してしまうため、血管の中を流れる血液循環が悪くなり、行き場がなくなってしまった水分が体内に溢れ出た状態を言います。
血液中には筋肉が必要としている栄養があり、それらを血流の流れで運んでいるため、水分が減り、血流の流れが弱くなってしまうと、筋肉に必要な栄養が運ばれなくなってしまい、さらに筋肉を固めてしまいます!
浮腫みを改善させるためには、固まってしまった筋肉を緩め、栄養を与えること、血流の流れが悪くならないように、水分をしっかり取ることが大切となってきます。
人間は1日少なくても1.5リットルの水分摂取が必要と言われていますので、しっかり水分を取ってお体整えていきましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日