肩こり

肩こりの放置は頭痛やめまいなどの症状につながります!まずは千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院へお相談を

「肩こりは慢性的な症状だから…」「わざわざ病院や整骨院に行って治療してもらうのはどうかな…」と、整骨院に対して敷居が高いと感じている方は、非常に多いものです。しかし、肩こりの症状はそのまま放置してしまいますと、頭痛、めまい、首の痛みなど他の症状を引き起してしまう可能性があるのです。その為に、早期的に治療していく必要があります。

肩こりがひどくなると、肩や背中周りの筋肉が凝り固まります。すると、血液循環の不良により、首の方にまで凝りはひどくなり、自律神経のバランスを崩し、頭痛などの症状を引き起こしてしまうのです。頭痛がひどく内科に行くものの、薬を飲んでも症状が良くならないという場合には、肩こりそのものが原因になっている可能性があります。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では、筋肉治療を得意としており、凝りのひどい肩周りの筋肉を、手技療法などでしっかりとほぐしていきます。また、身体の歪みやズレがあると肩こりは悪化しますので、患者様の状態によっては骨盤矯正などの施術を組み合わせる場合もあります。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では患者様の症状に合わせたオーダーメイド方式のインナーマッスルセラピーを得意としておりますので、1回の治療でも効果を実感しやすいと定評があります。

肩こりは、保険の対象外です

肩こりとは慢性的なものであり、本来であれば保険は適応外となります。
当院では、自費での診療も行っているため、どなたでも安心して通うことができます。
施術内容は、保険を使う治療とほぼ同じです。料金に関しても丁寧に説明していきますので、ご安心ください。

肩こりは早めに良くしよう!

肩こりと一口に言っても、その症状は様々です。
筋肉が固まることで周囲の血管を圧迫してしまったり、神経を圧迫した結果として、自律神経が乱れてしまう場合もございます。吐き気や頭痛などが出る前に、我慢せず早めに治療をしましょう!

肩こりに効く運動とは?

日々の生活により、肩こりになる方は多いですが、実際に肩こりの人の中でセルフケアを行えている人はあまり多くないのが現状です。ラジオ体操や水泳など、肩甲骨を大きく動かす運動を日常生活に取り入れると、劇的に変わるケースも多いのです。ぜひ試してみてください!当院スタッフによる、ストレッチ指導も行っております。

肩こりは四十肩の元!

肩こりを甘く見ていると、大変なことになる可能性がございます。
それが例えば「四十肩」です。回旋筋腱板という肩を回す際に必要となる複数の筋肉が固まってしまうことで、四十肩になってしまいます。
四十肩になってしまいますと、症状によっては何年も掛かって完治する方もいらっしゃいます。その状態を防ぐ為に、しっかりと早期的な治療をしていきましょう!

肩こりとしびれの関係性とは?

指がしびれる、腕がしびれる…
そういった症状にも、肩こりが大きく関係してきます。
手や腕を支配する神経は、頚椎の7番目や胸椎の1番目から出てきます。その為、その神経の出処を筋肉が圧迫してしまうと、しびれが出てしまいます。痺れがあり、気になる方は一度検査をしてみましょう!

コーヒーを飲みすぎてはいませんか?

コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮させる作用が有るために血液循環を悪くしてしまいます。
デスクワークの方はコーヒーを飲まれる方が多いですが、一日に何杯も飲んでしまうと肩こりを促進させてしまうのでご注意ください!

深層筋のコリはどのくらいの深さ?

電気治療で深層筋まで刺激を届かせる時、4000Hz~8000Hzの電気を流していく必要があります。
一般的に低周波と呼ばれる範囲が0~1000Hzなので、かなりの深さまで電気を流さなければいけません。
当院では、「EMS」という深層筋を刺激する医療機器の導入が決まりました。EMSは、非常に高い周波数によって、普段届かない深層部まで電気信号を送り、私達の様々な症状の解消に繋げます。

肩こりの症状として吐き気もあります

一般的な肩こりといえば、肩が重いといった症状が多いですが、実は頭痛や吐き気も症状として知られています。
吐き気があると、何かの病気かと疑って病院に行かれて吐き気度目を処方されるケースが多く、薬を服用する分症状が紛れてわからなくなるケースが多いですが、肩こり自体は解消されないために症状が再発してしまうことが多いです。

肩こりはひどくなると大変です!

「肩こり」と言いますと、ネーミング的にも軽い感じがしてしまいますが、その奥に潜む症状によっては非常にb軽視できない疾患もございます。肩こりにも様々なケースがございまして、普通の慢性の肩こりだと思って来院された方の中に、運動検査の結果、実は頚椎ヘルニアの発見に至ったケースもございます。余りにも肩や首の張りが気になる方は、是非一度ご相談ください。

目の疲れを解消しよう!

肩こりがひどくなると目が疲れやすくなります。
後頭部に目を支配する視神経通っていすため、その近くを走っている肩の筋肉が固まってしまうと目の視神経を圧迫してしまいます。夜目が見えづらい、目が疲れやすいといった症状がある方は、肩周りの筋肉を治療しましょう!

肩こりは意外と腰から来ているケースも?

どこに行ってもなかなか肩こりが良くならない…
そんな悩みを抱えている方も多いと思いますが、肩こりは実は首肩周りの筋肉だけが原因ではありません。
腰の筋肉も肩甲骨の隣を通っているため、腰が悪くても肩の動きを悪くしてしまうのです。
肩がなかなか改善しないという方は是非腰も同時に治療しましょう!

肩こりでお困りの方

肩こりは、人体の構造上、誰にでも起こりうる症状です。
地球上で二足歩行が出来る唯一の生物の特異症状なのですが、同時に首の痛みや腰の痛みも人間特有の症状です。
そして、脊椎にまつわる慢性症状のほとんどが関連がありますので、肩こりの原因が腰から来ているケースや、腰の痛みが首から来ていることもございます。

スポーツをした後のケアは欠かさない

スポーツをしたあとは筋肉が緩みますが、運動によって起きた熱が冷えると筋肉はギュッと縮こまってしまいます。
せっかく体に良い運動をしているのに悪化させる~なんていうことのないようにしましょう!

一番凝りやすい筋肉は?

一番肩の中で凝りやすいとされている筋肉は肩甲挙筋とよばれる筋肉です。
肩甲挙筋とは肩甲骨の上角と呼ばれる肩甲骨の一番上の部分から首の側面につきます。
この筋肉は肩甲骨を持ち上げる時に使われる筋肉であり、非常に良く使われる筋肉であるため一番凝りやすいとされています。

肩こりが引き起こす様々な症状

肩こりは誰でも起こりやすい症状で、「すぐに治るだろう」と軽視されやすい症状ですが、安静にしておいても痛みが一度収まるだけで、悪い筋肉のコリは積み重なる一方です。肩こりは正しい治療と時間がなければいずれは発症の頻度も上がっていくため運動や治療を受ける習慣をつけてメンテナンスすることが必要です。
例えば車も安全に長く乗り続けるためにはメンテナンスが必要ですよね。車検をして、問題があればタイヤやオイルを交換したり、パーツを入れ替えたりします。愛情をもって使えば車の寿命も延びます。
人間の体、筋肉も同じです。内科なら健康診断、人間ドックなどで異常を見つけ出し、投薬したり、時には手術をしたりして生きている間は健康でいられるようにメンテナンスをします。そしてメンテナンスが必要なのは筋肉も同じです。筋肉をメンテナンスしていけばいつまでも身体は動きます。なぜなら筋肉は脳からの指令で身体を動かしている唯一の効果器と言われています。
肩こりが原因で
・手の痺れ、痛み
・眠気、不眠
・自立神経障害
・頭痛
・耳鳴り
を発症しやすくなります。内臓は平滑筋、心臓は心筋、身体の運動は骨格筋。全ての筋肉が動いて運動しています。筋肉が健康なら身体はいつでも動きます。私たちの行っている施術は、身体を運動させる骨格筋の健康を保ち続け、一生元気で自分のやりたいことをやり続けていただくための治療です。

肩こりの真の原因は

慢性的な肩こりで悩んでいる方。なかなかすっきりしない肩こりの原因はズバリ筋肉です。
ただ筋肉のうち深層筋が原因であることがほとんどです。なぜかというと何年もなん10年も抱えてしまった肩こりはコリが表層ではなく深層に溜まっているからです。では深層の筋肉(深層筋)と表層の筋肉(表層筋)は何が違うのか。
表層筋は主に身体を動かす時に使用します。一方深層筋は身体を積極的に動かすのではなく、一定の姿勢を維持したり、血流に大きく関与したりと軸を作ったり、血の巡りに関わる筋肉です。では慢性的な肩こりの場合はどうか。よくあるのが
➀長時間椅子に座っていてパソコン作業をしていて肩がこる
➁長時間ベッドで寝たままスマホをいじり肩がこる
➂長時間下を向いたまま本を読んでいて肩がこる
などなどどちらかというと激しい運動のあとでは無く、長時間同じ姿勢をした時に肩が凝ったり、肩がはったりする方がほとんどです。私たちのインナーマッスルセラピー(深層筋治療)はそんな深層筋に刺激を入れていく施術です。
表層の筋肉を緩めてからしっかりと深層筋に刺激を入れていき深層筋に溜まってしまったコリ別名筋硬結を変化させる施術です。別に痛いだけではありません。しっかりと表層を緩めてから刺激を入れるのでジワー遠くまでいた
気持ちいい感じがしたり、他の場所に響いたりする感覚が出ます。是非とも慢性的な肩こりで悩んでいる方は一度当院の深層筋治療を受けてみてください。

冬の肩こりは非常に厄介です!

筋肉にとって非常に厄介な季節といえば、冬。
筋肉は、運動器として身体を支え動かす効果があるのと同時に、血液の「筋ポンプ作用」と言う筋肉によって心臓に血液を送り戻す効果も持っております。
ですが、冬の寒さによって筋肉が過剰に緊張してしまいますと、その筋ポンプ作用が上手に作用せず、血液循環が低下し、いわゆる「冷え」の状態に陥ります。
冷えに陥ってしまいますと、血流が悪くなるだけではなく、体温の低下とともに免疫力も低下し、あらゆる病気の引き金になってしまいます。
その様な、筋肉にとっても非常に不利な季節である冬ですが、慢性的な肩こりが悪化してしまうのもこの季節となります。
人体でも、特に頚部は体温が放出されやすく、首肩周りをこの寒い外気にさらされますと、立ちどころに体温は低下し、頚部周辺の筋肉が緊張してしまいます。
冬の肩こりは非常に厄介なのです!

冬の肩こりとふるえ

「ふるえ熱産生」とは、筋肉(骨格筋)の収縮によってエネルギーを消費し体温が上がる現象を利用し、いわゆる痙攣のような筋収縮を継続する事によって、体温維持を行う現象なのですが、筋肉は収縮したままの状態を維持していると、それが恒常化してしまい、硬いままの状態になってしまいます。
筋肉が硬化してしまいますと、周囲の血管を圧迫致しますので、結果的に血流が悪くなってしまうのです。
硬化した筋肉は、神経をも圧迫致します。
特に頚部周辺の筋肉は、脳神経と直結している筋肉が存在しますので、頚部周辺の筋肉が硬化してしまい、周囲の血管や神経を圧迫してしまいますと、脳への栄養と酸素の供給不足、神経圧迫によるストレスによって、脳は常時緊張状態になってしまい、更に筋肉が硬化して、いわゆる「負のスパイラル」に陥ってしまいます。
これが、冬の肩こりが非常に厄介な証拠なのです。
実際、お仕事などで慢性的に疲労している頚部の筋肉が、冬の寒さによって他の季節以上に硬くなり、なかなか改善し辛く、症状も強く出てしまいます。

肩こり予防~栄養編

皆さんは肩こりを改善するには治療やストレッチ、シップしか解決法がないと思い込んでいませんか?
そんな方に肩こりを解消するためのお得な情報です!
それは食事の改善による肩こりの解消法です。
具体的には血液循環をよくする栄養を取ることで改善を図るというものです。
ビタミンで言うとビタミンEが抹消の毛細血管を拡張させる働きがあるので、血液の循環が良くなり、肩こりの改善につながります。
ビタミンEはかぼちゃやアーモンドなどに多く含まれているので、食事をする際に少し多めに入れていくだけでも身体のケアにつながります。
血液の循環を良くして肩こりを改善していきましょう!

肩まで湯船に浸かって肩こり予防!

夏場に肩が凝っている人が増えています。それはなぜかというと、冷房を使わなければ熱中症になってしまうような環境になってきたため、冷房を付ける時間が増えているからです。そして、身体が首周りから冷えていきます。
当然筋肉が冷えていると循環が悪くなるため、暖めた方がいいのですが、夏場の厚い時期に暖めようとする方は少ないです。特に湯船に浸かる人が減ってしまいます。肩を暖めるためには、湯船に肩まで浸かることが一番効率が良いので、ぜひ熱い時でも湯船に浸かってください!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日