ヘルニア

つらいヘルニア症状は千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院での早期治療をおすすめします

ヘルニアになると、病院でなければ治療できないのでは・・・?とイメージされるかもしれませんが、千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院などの治療院でもヘルニア治療は積極的に行っています。ヘルニアはひどくなると手術をしなければならなくなる症例も少なくありません。痛みが少ない早期に治療をできるだけ早く始めることをおすすめします。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では保険診療を行っておりますので、ヘルニア治療に関しては保険診療が可能です。また自費治療と保険治療を組み合わせて利用することも可能です。問診、触診で患者様の症状や痛みの程度をしっかりと確認して、患者様のご要望に合わせた施術をさせていただきます。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では深層筋にアプローチするインナーマッスルセラピーを得意としており、身体の深部から体質改善を図ります。またインナーマッスルセラピーに合わせて、電気治療、赤外線療法、温冷治療も行っていきます。またサポーターやコルセットなども取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

病院で手術をしなくとも

ヘルニアは手術をしないと完全によくならないという目で見られがちですが、実はそうではありません。当院が行っている深層筋治療は、そのようなヘルニアの症状から生じる痛みを取っていくことができます。基本的に筋肉が何らかの影響で固くなり、収縮してしまったことによって血液が滞っているのが原因なので、原因部分の筋肉をしっかりと治療して緩めてあげることで、症状は確実に良くなっていきますので、ご安心ください!!

ヘルニアは完治する?

ヘルニアにも重症から軽症とありますが、ヘルニアは手術をしなくても完治をすることがあります。もちろん、症状や個人差がありますが、手術をしなくても完治はするんです。その方法として、私達が提供している『深層筋治療』が最も効果的なのです。深層筋治療では、筋肉を中心に治療をし、痛みや不快な症状を出している原因の筋硬結を治療をします。その治療の反応として、免疫反応を起こすと、白血球の貪食作用で、飛び出している椎間板をパクパク食べてくれるので、ヘルニアによって圧迫されている神経への圧迫が無くなるのです。そうなると、辛いヘルニアの症状が無くなるのです。

 

ヘルニアと診断されたら?

「腰が痛いな・・・しびれるな・・・」ということから整形外科に行く人も多くいると思います。
その際に、「ヘルニアです」と診断されたときの対処法をお教えします。
まず「診断名」に驚かなくて大丈夫です!
診断され「ヘルニア」と言われるとビックリしますが、しっかり良くなります!ご相談ください。

 

必ず改善します

ヘルニアは必ず改善します。なぜかというと、インナーマッスルセラピーによって良くなった事例が多くあるからこそ
自信を持ってお伝えできます。当然一瞬で改善する魔法は使えませんが、ゆっくりと治していきましょう。

ヘルニアの予後の痛みは

手術をしてヘルニアの元になる椎間板の一部を取り除いても、痛みがひかない・・・寒い季節になると痛みが再発する・・・
それはなぜか・・・原因は深層筋です。背骨の際についている多裂筋という筋肉がヘルニアの頃の神経の異常の信号をキャッチして
筋肉が硬くなっていしまっています。手術をしてもその頃の感覚が筋肉が覚えていていつまでも硬さが残ってしまっているのです。

ヘルニアの治療は

当院の深層筋治療ではヘルニアにより硬直してしまった「多裂筋」にしっかりと刺激を入れていきます。ただ急に刺激をいれると表層の筋肉が硬くなってしまいます。そのため初め表層の筋肉を緩めていき緩んだところでガッツリと深層の筋肉に刺激を入れていきます。
刺激の入れ方も指・肘・特殊器具と段階を分けてやりますので安心して治療を受けることが可能です。

ヘルニアに手術はいりません

「ヘルニア」と聞くと、不安な気持ちに駆られますが、実はもう手術での治療は余程症状が重度ではない限り、免疫反応による白血球の貪食作用により、時間をかけてゆっくりと改善されていく事が解っております。ですがこの免疫反応は、血液中の白血球の作用に依存致しますので、患部周辺の血流を促さなくてはなりません。そこでインナーマッスルセラピーの出番なのです。

ヘルニアと診断されたら

ヘルニアは、今や保存療法で完治が可能です。
我々ナチュラル整骨院のインナーマッスルセラピーは、ヘルニアになってしまった部位の筋肉を深層部から柔軟にし、ヘルニアに圧迫されている神経の通り道を拡張致します。
更に、筋肉の過緊張で滞っていた血流も改善され、白血球によるヘルニアへの貪食作用も促進され、一石二鳥です。

今やヘルニア治療は保存療法が主流です。

ヘルニアと診断されると「手術しかないのかな…」と心細い気分になってしまいがちですが、昨今、いわゆる「白血球の貪食作用」によって、ヘルニアを自然と除去出来る事が分かってまいりました。ですが、その貪食作用は完治まで非常に時間を要する為、その過程において「いかに症状を緩和して行くか」に掛かってまいります。
当院ではラディキュロパシー理論に基づいた治療を行っておりますので、ヘルニアに圧迫された神経根などに対して的確なアプローチで周囲の筋肉を緩め、症状緩和の為の治療が出来ます。

保存療法のヘルニア治療で大事な事

ヘルニアは今や手術無しでも改善されることが現代の医学では証明されております。
手術せず、人体に備わっている「貪食作用」と言う修復能力に委ねてゆっくりと時間をかけて根治を目指しますが、だからといって、修復されていく過程においてもヘルニアによって圧迫された神経症状は非常に嫌なものです。
当院のインナーマッスルセラピーは、その様な神経症状に対する症状緩和の治療を行っております。
保存でのヘルニア治療において、なかなか緩和されない症状改善に向けて是非当院をご利用ください。

痛みがとれても・・

ヘルニアの治療において重要なのは、痛みがある程度引いてきても治療をやめないことです。
痛みが抜けてきたときは、基本的に筋肉が改善されつつあるということです。その状態で治療をやめてしまうとまた同じ状態に戻ってしまいます。
大事なのは根本から解決しようとする気持ちと、これくらいでいいかなと決めつけないことです!

血行促進がヘルニア改善の近道です

現在の医療において、ヘルニアの治療は保存療法が推奨されております。
血液中の白血球が持つ「貪食作用」がヘルニアを貪食してくれる事が解り、以前では手術でしか治らなかったと思われていたものが、以上の事から変化致しました。
ですが、その過程で、ヘルニアによって神経を圧迫された神経が痛みや異常感覚を起こし、他度に緊張してしまっている状態ですと、患部周辺の血流が滞り、結果的に貪食作用の促進を妨げてしまう原因になってしまいます。
当院では、インナーマッスルセラピーと言う、筋肉を柔軟に保つ事によって、血流を促進し、ヘルニア治療の改善を図る治療を行っております。
ヘルニアでお困りの方は是非、当院にお気軽にご相談下さい。

ヘルニアは手術をせずとも改善致します

近年、ヘルニアの治療は「保存療法」と言われる、手術せずに自然治癒に任せつつ、改善を計る方向にシフトしております。
血中の白血球による「貪食作用(マクロファージ)」によって、ヘルニア部(突出部)が消失して行く効果が解明された事により、その様な方法でヘルニア症状を改善して行く洗濯がございます。
ただし、血中の白血球による作用ですので、第一前提といたしまして、「血行の良し悪し」によって、改善のスピードが変わっていきます。
特に、ヘルニアになってしまうくらいのダメージを受ける様なお体の場合、周辺の筋肉は非常に硬くなっている可能性が高いです。
筋肉は硬化すると、周囲の血管を圧迫している為、血流は非常に低下しています。
結果的に、自然治癒には程遠い状態になっているわけです。
当院のインナーマッスルセラピーは、硬くなってしまった筋肉に的確な刺激を与え、柔軟で弾力のある筋肉に改善をし、血行促進を促します。
ヘルニアへの保存療法でお困りの方は、是非お気軽にご相談ください。

ヘルニアの原因は

ヘルニアは椎間板の一部が外に飛び出してしまい神経を圧迫してしまった結果、不快な痺れや臀部の痛みが出てしまいます。椎間板は髄核と繊維輪という二つの構造物から成り立っていて髄核はゼリー状の物質で外力が長い期間かかってしまうと外に飛び出してしまい結果として周りの神経を圧迫してしまうのです。そして神経が圧迫されると筋肉が硬くなります。神経は1感覚神経・2運動神経 3自律神経の3つから構成されていて、それぞれ感覚神経が圧迫されると、痺れや感覚異常がおきます。運動神経が圧迫されると、関節可動域が狭くなったり、筋肉の一部が硬くなり筋硬結と言うしこりが出来てしまいます。最後に自律神経が圧迫されると、内臓の不調や、血流不全が起きてしまうのです。ではこの3つの神経のうち一番圧迫される可能性が高いのはどれでしゅう。それは運動神経です。3つのうち最も太いのが運動神経のため圧迫される可能性が高いのです。運動神経が圧迫されることで筋肉の一部に筋硬結と言うしこりが出来てしまい、さらに筋肉が硬くなります。そのことで腰の痛みなどがますます悪化して、不快な痛みが続いてしまいます。

ヘルニアの治療法

ヘルニアは椎間板の一部が外に飛び出してしまい周りの神経が圧迫され不快な痛みやしびれが出てしまう症状です。
運動神経が圧迫されてしまうと筋肉の一部が筋硬結というしこりになってしまい、そのしこりがあることでますます筋肉の痛みや不快な痺れがアップしてしまいます。当院の深層筋治療・別名インナーマッスルセラピーは深層筋のしこりである筋硬結に対して刺激を入れていき、筋硬結を変化させていきます。初めは表層の筋肉に対していた気持ち良い刺激を入れていき、しっかりと表層が緩んだうえで深層筋に対して刺激を入れていきます。そのように段階を踏んでいくので、痛くなく刺激を受けることが出来るのです。今なら無料体験も実施をしています。学生時代にヘルニアになり慢性的に腰が辛い方、痺れがなかなか治らない方、是非とも当院の深層筋治療(インナーマッスルセラピー)を受けてみませんか。必ず良い結果を出していきますので私たちにお任せください。

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日