腰痛

どこに行っても辛い腰痛は千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院の筋肉治療がおすすめ

腰痛は慢性的な痛みの症状の1つであり、「日本人病」「国民病」ともいわれています。腰痛を訴える人は加齢とともに増加しますが、若い人でも腰痛持ちの方は、近年において非常に多くなってきています。腰痛になるのは、腰に負担のかかる動作をしているからと思われるかもしれませんが、私達の何気ない生活の習慣によっても腰に負担をかけてしまっているのです。

例えば・・・ショルダーバッグや荷物を、いつも同じ肩にかけているだけでも、実は腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。また座ることは立つことよりも腰に大きな負担がかかります。身体のすべての体重を腰と骨盤で支えることになりますので、身体が歪みやすくなり腰の痛みを増強させてしまうのです。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院での腰痛治療は患者様の症状を問診、触診でしっかりと把握した後に、施術内容を決定していきます。痛みがひどい場合には、温熱、電気療法などを組み合わせて治療を行っていきますので、ご安心ください。

また、当院ではマッサージなどの手技療法に定評があり、特に筋肉治療を専門としています。身体の歪みがひどい場合には、骨盤矯正ストレッチも行い、腰痛を根本的に改善していきます。腰痛でお困りの方は千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院へご相談ください。

腰痛とは?

腰痛は原因がいくつかに分かれます。
・骨(骨格)が原因である
・筋肉が原因である
・神経が原因である
これらは全て原因によって治療方法も異なるので、まずは何が原因かを検査する必要があります!
まずは運動検査を行い、原因がどこにあるのかを追求していきましょう。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰が起こる原因は「筋肉」なのです。
筋肉が負担に耐え切れずに傷ついてしまい、負担から身体を守るために筋肉が急激に収縮してしまう状態です。
急に動けなくなったりしますが、ぎっくり腰は腰が慢性的に固まっていないと起こらないので、注意していきましょう。

骨盤のゆがみ

骨盤がゆがんでしまうには、いくつかのパターンがあります。
その内の一つが筋肉です。
骨盤に付いている筋肉の緊張が強いと、背骨がひっぱられてしまい、それが歪みとなってしまいます。
また、この状態が長期間に渡り続くと、自然と骨も歪んでしまいます。

ナチュラル整骨院の腰痛治療

ナチュラル整骨院千歳烏山院では、インナーマッスルセラピー(深層筋治療)を行っています。
簡単に説明しますと、身体の体感を支える筋肉に対して「痛気持ちいい、効いてる」といった刺激を入れることで筋肉の凝り(筋硬結)を改善させる方法を行っています。理論に基づいた治療法で、都内でも希少価値の高い治療院です。

産後の骨盤のゆがみ

産後によく骨盤がずれやすいと言われていますが、実はこれも筋肉が原因で起こるものなのです。
赤ちゃんを産むために骨盤が開いたあと、ゆっくりと閉じていく際に、腰の筋肉が悪くなっていると骨盤の位置がずれてしまい、腰痛のもとになります。骨盤だけではなく、筋肉も一緒に治療をしていくことが、お身体の状態を戻していく上では重要になっていくのです。どの年齢層においても重要な筋肉・・・当院で深層筋治療治療を受けられることをおすすめします。当院では、マタニティ治療も行っております。

腰痛対策

腰痛は、高齢者の方が、いわゆる「寝たきり」になってしまう原因のトップ外傷なのですが、腰の漢字は「月」と「要」に別れますが、「月(つきへん)」は「身体」の事を指しまして、そう致しますと「身体の要」と意味するわけです。そして実際に二足歩行の人間は、腰を起点に運動いたしますので、腰の調子が悪くなってしまいますと身体の不自由を如実に感じてしまうのです。例えばぎっくり腰になってしまいますと、起き上がるのも大変で、それが高齢の方の場合ですと、それに伴い気力も削がれてしまい、そのまま寝たきりになってしまうのです。
腰痛グセのお有りの方は、我々ナチュラル整骨院に是非一度ご相談ください。

腹直筋を鍛えよう!!!

よく腰痛持ちの人は腹筋を鍛えよう!と言われていますが、具体的には腹直筋と呼ばれる筋肉を鍛えると良いと思います。
体幹から真っ直ぐ骨盤まで伸びているので、この筋肉を鍛えると横にブレなくなり腰への負担が軽減できます。
特に、スポーツをしている方ならパフォーマンスの向上につながるため、ぜひ鍛えていきましょう!
当院では、この度EMS装置治療もスタートする運びとなりましたので、気軽にお問い合わせください。

急性腰痛の多い時期

腰痛とは、急激に痛みが強く出現する状態を言いますが、代表的なものはぎっくり腰です。
このぎっくり腰は実は季節の変わり目に多く出る為、ぎっくり腰が多発する時期が存在します。
もうすぐ季節が変わるという時期は早めにお身体のケアを行いましょう!

骨盤矯正ストレッチやっています

骨盤のゆがみが気になるという女性は意外と多いです。
特に、子供を産んだばかりのママさんは骨盤周辺に違和感を覚えることが多いです。
そういった場合、早ければ早いほど身体に負担をかけずに改善できるので、気になったら即治療を受けましょう!

腰痛の原因の38%は〇〇??

腰痛の原因の38%も占める要因となっているのは、実は「心因性」、つまり精神的なものから来ているのです。
痛いと感じることでどんどん悪化したり、精神的ストレスから筋肉が緊張してしまい、結果傷つけてしまうなどなど…
精神的なものから来ることが多いのです。気持ちをリラックスすることで痛みの緩和にもつながってくるので、ストレスの為過ぎには十分注意していきましょう!

「冷え」からくる腰痛

暑い季節に、冷房のせいで冷え性になってしまっていませんか?
この「冷え」が腰痛の原因となることがあります。お風呂に入って体が温まると腰痛が軽減するという方は「冷え」が原因の腰痛の可能性が高いです。
当院のインナーマッスルでは冷え症にも効果があります。ぜひ一度ご相談ください。

交通事故による怪我でも大丈夫!

交通事故に遭われてしまって、骨に異常はないといはれたけど腰痛があるという方、それは筋肉が原因であるケースが多いです。
交通事故による怪我は長引けば長引くほどに後遺症が残るケースが多いため、早めに近治療を行いましょう!

介護が必要となる方の原因

介護が必要となってしまう方の原因のベスト3をご存知ですか?
第1位脳血管障害
第2位虚弱
第3位転倒などで生じる怪我
上記の3つが多いです。
ちなみに虚弱とは身体が弱ってしまうことをいうのですが、その原因の一位が腰痛です。

健康寿命を延ばすには腰の治療は不可欠です

健康寿命とは、その人が介護などを必要とせず健康的に過ごせる状態を言いますが、この健康寿命を延ばすためには腰の治療が非常に重要になってきます。
身体を動かす際に起点となるのが体幹であり、脊柱です。
そして、そこについている筋肉が腰の筋肉であるので、身体を動かす以上は、腰の筋肉が異常なくしっかりと痛みなく動く必要があるんです!深層筋治療を受けて、健康寿命を延ばしませんか?

デルマトームとは?

「デルマトーム」とは、神経が支配している感覚の領域とお考えください。
神経が圧迫されてしまったとき、その神経が支配している領域に痺れや知覚麻痺などの症状が起こってしまいます。
それを防ぐためにも、神経の伝達をスムーズにしていく必要があります。

ヒールも腰痛の元

女性はヒールを履く機会が多いですが、ヒールを履くと骨盤が前傾(前に傾く)為に腰が反ってしまいます。
腰が反ると筋肉が収縮してしまうため、腰を痛めやすくなってしまいます。なるべくであれば、身体に負担のかかりすぎないローヒールの靴
もしくはスニーカーなどの、かかとが地面に着きやすいものを選びましょう。

姿勢の悪さは筋肉が原因?

座っているとすぐに猫背になってしまうという方、それは、筋肉が原因であるケースが多いです。
筋肉が縮こまると痛みが出る短縮痛というものがあり、その痛みから逃れようとするあまり身体を前に倒す姿勢、これが「姿勢の乱れ」になるのです。
姿勢をよくするには、筋肉の治療をして行きましょう!

交通事故で痛めても大丈夫!

交通事故で痛めてしまって、なかなか良くならない…
そんな方でも安心して通院いただけます。
なぜなら、交通事故保険が使えるからです!
保険会社に整骨院に通う旨を伝えて頂ければこちらでやり取りをさせていただきますので、ご安心して治療を受けられます!

慢性腰痛にもインナーマッスルセラピーです!

ぎっくり腰の痛みは本当に辛く、動くのもままならない状態に陥ってしまいますが、そもそも慢性の腰痛が急性的に悪化した結果なのです。慢性的に重だるさや痛みが続くような場合、是非一度ナチュラル整骨院にご来院ください。状態に合わせた的確な処置をさせて頂きます!!

妊婦さんでも安心して受けられます!

妊娠中は非常に身体に負担がかかる分、腰を痛めてしまう方が多いです。
お腹が大きくなっていても当院では仰向けでも横向きでも治療することができるので安心して治療が受けられます。
産後に腰痛持ちにならないためにも早めにケアを行いましょう!

雨の日は腰痛などが悪化しやすいです

雨天時の気圧は、体内にも影響を及ぼします。
雨になるとなんとなく重だるく感じるのはそのためです。
ですので、本来は外出を控えてゆっくりとされる事が望ましいのですが、現代社会ではそうはいきません。
先ずはあまり無理はなさらず、できる限り平安に過ごせるよう努めて下さい。

座った時に足を組むと

椅子に座ったときに足を組む癖がある方、もしかしたら腰痛の原因はその姿勢にあるかもしれません。脚を組むと上に組む側の骨盤が後傾しそれに応じて背骨までその側へと凸状に曲がってしまうことがあります。下側の脚は上側の脚に圧迫されることでさらに血液の流れが低下してしまいます。普段何気なくやってしまう脚を組むという動作、こうやって書いてみると身体に優しくない体勢ということがわかるかと思います。既に著しく身体の左右のバランスが悪いと感じる方はぜひ一度当院におこしください。

慢性の腰痛は大変危険です!

慢性腰痛などの症状は、いづれそれが当たり前になってしまいます。その様な状態ですと、不意な急激な動作などで筋肉の慢性的な損傷が一気に吹き出し、いわゆるぎっくり腰の様な、日常生活に支障をきたす様な症状へと悪化致します。
そうならない様、是非とも腰痛症状が慢性化しないうちに、当院のインナーマッスルセラピーをお受け下さい。

季節の変わり目にぎっくり腰が起こりやすい理由

日本には春夏秋冬と季節がありますが、その季節の変わり目はぎっくり腰が起こりやすくなっています。
季節の変わり目になり、一人ぎっくり腰の方がご来院されると続けてぎっくり腰になってしまいましたという方が多くご来院されます。それはなぜかというと、気圧が変化するということが一番大きな理由です。
ぎっくり腰が起こるときは、そもそも慢性的な硬さがあってあとなにか少しのきっかけがあり、筋肉が負荷に耐えられなくなってしまった状態です。
気圧が変化すると身体を支える筋肉の緊張が解けてしまい、中にある慢性的な痛みや不快感が表に出てきてしまうので、季節の変わり目に慢性的に腰痛がある方は一度ご自身でストレッチをしてみていただき、どのくらい身体が固まってしまっているのか把握してみましょう!

腰痛を生み出している筋肉のしこりの原因は三層構造

筋肉のしこりというのは三層構造になっています。
一番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態のことを言います。
筋肉は損傷すると、発痛物質という痛みを出す物質がでます。その痛みを抑えるために筋肉の緊張が起こっています。
これは生理学的な反応といい、自分の身体を守るために起きている反応なのです。
その次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみのことです。このむくみがなぜ起こるかご説明します。
筋肉が損傷すると炎症のプロセスが始まり、発痛物質という物質が出てきます。発痛物質が出てくると、痛みを抑えるために筋肉は緊張します。これを筋スパズムと言います。
筋肉の中には静脈がたくさん走っています。痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。そうなると、心臓に血液が戻りにくくなります。戻りにくくなった血液は、行き場所がなくなって血管の外に水分が出てしまいます。それがむくみになります。一層目が筋スパズム、二層目が筋浮腫です。
スパズムや筋浮腫は生理学的な反応と言いまして、これ自体が悪い状態ではありません。身体が痛みとか悪い状態を抑えようとして出ているものなのです。
三層目は結合組織と言います。要はこれが筋硬結なのです。この結合組織が痛みを出している原因なのです。
つまり筋硬結を取っていかない限りはスパズムや浮腫を何回も何回も取っても元に戻ってしまいます。
筋硬結を取り除くことが根本治療であり、根本治療することで再発しなくなります。

慢性腰痛は、ぎっくり腰予備軍です!

腰痛は、誰にでも起こりうる疾患ではございますが、それを「いつものことだから…」と放置してしまいますと、いずれ腰部周辺の筋肉が柔軟性を失い、ちょっとした動作がトリガーになり「魔女の一撃」とも揶揄される、いわゆるぎっくり腰になってしまうのです。
筋肉は本来非常に柔軟性に富んだ組織なのですが、加齢や疲労によって、どんどん硬くなっていってしまいます。
筋肉が硬くなってしまいますと、周辺組織への血流も滞ってしまいますので、栄養や酸素が行き渡らず、その結果益々筋肉は硬化し、栄養不足によって筋肉は減少してしまうのです。
筋肉の減少によって、普段は何気ないちょっとした動作でも「トリガー」になってしまうのです。
ですので、「もしかして…」と感じていらっしゃる方は是非放置せず、定期的なケアと日常生活における生活習慣の見直し、そして適度な運動によって、改善を図って行く事が大切なのです。
加齢によってと半ば諦めている方もいらっしゃいますが、筋肉の硬さの原因は、血流の低下によるものですので、血流が活性化されるような体質改善を施せば、確実に筋肉は柔軟になっていきますので、諦めずに筋肉改善をして、嫌な腰痛やぎっくり腰を退治致しましょう!

ぎっくり腰になる前に、早めのケアが必要です!!

最近は、朝晩の冷え込みに反して日中はポカポカ陽気だったり致します。
更に、日によっても寒暖差があり、この様な時にこそ、ぎっくり腰多発の要因にもなっております。
日頃の疲れが一気に出てしまい、それが筋肉にも影響を及ぼします。
慢性的な筋肉の疲労は、本来柔軟性に富んだ筋繊維を徐々に硬化させていきます。
硬くなってしまった筋肉は、周辺の血管や神経を圧迫致しますので、血流が滞り栄養や酸素が行き渡りにくくなります。神経の圧迫は、痺れやだるさを誘発し、それが長期に及ぶと感覚障害なども引き起こされます。
慢性的な筋肉の疲労は、徐々に悪化していく為、本人には気づきにくく、その疲労がピークに達した時、それが腰部ならば、いわゆる「ぎっくり腰」になってしまうのです。
ですので、「少し疲れたな。」と思った時は、是非お気軽にナチュラル整骨院千歳烏山院にご相談ください。
実際、ぎっくり腰になってしまいますと、施術も難しく、痛みも長期にわたる為、時間がかかってしまいますが、あくまで慢性的な腰痛ですと、治療もしっかりと行うことが出来ますし、早期に来院いただければ改善も速やかです。
「ぎっくり腰」になってしまう前に、是非当院をご利用ください。

慢性腰痛は、非常に危険です!

筋肉は、同じ姿勢を長時間とり続ける事が多大なストレスとなります。
お仕事柄、同じ姿勢をとり続けていらっしゃる場合、余りコンを詰めず、定期的にストレッチや回旋運動などをしてみましょう。
同じ姿勢でのお仕事は、ご自身でも気がつかないくらいに筋肉は凝り固まり疲労しております。
筋肉が硬くなってしまうと、血管が圧迫を受け、その部位周辺の血流が悪くなり、栄養不足や酸素不足が起きてしまいます。
筋肉に栄養や酸素が行き渡らなくなると、筋肉の使用によって損傷された筋細胞が修復されず、ダメージを負ったまま回復もなされないまま、日々使い続けることによりやせ細り、痛みで緊張し、更に筋肉は硬くなっていってしまいます。
そう致しますと、益々筋肉は栄養酸素の不足を招き…
と言う、「筋肉負のスパイラル」が行われ、慢性的に疲労した筋肉は、きっかけさえあれば腰部でしたら、いわゆる「ぎっくり腰」にいつなってもおかしくない様な状態になってしまいます。
しかも、その様な状態を長期間維持し続けていると、いざ改善を図ろうと努力しましても、ガチガチになってしまった筋肉は、早期に改善される事は非常に難しく、最悪なケースとして「ぎっくりグセ」がついてしまう事も…

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日