ロコモーティブシンドローム

ロコモーティブシンドロームを予防する千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院の施術

「ロコモティブシンドローム」という言葉をご存じですか?あまり聞きなれない言葉ですが、ロコモティブシンドロームとは、運動機能に障害が出て、要介護になったり、寝たきりになったりする可能性が高い状態を指します。「運動器症候群」と呼ばれる場合もあり、ロコモティブシンドロームにならないように、健康体を維持する必要があります。2007年に、日本整形外科学会にて提唱された、新しい現代の兆候とも言えるものなのです。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院では、ロコモティブシンドロームを予防するための、リハビリやストレッチ、体操など自宅でできる方法を患者様にアドバイスしております。病気やケガになった後に治療を始めるよりも、ケガや病気を予防する施術を行うことで、いつまでも健康な身体でいられるのです!

ロコモティブシンドロームの3つの要因は、運動器に疾患、バランス能力の低下、筋力低下があります。脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、変形性関節症などは運動器の疾患にあたります。また筋力の低下は上半身よりも下半身に起こり、特に大腿部、骨盤周囲の大きな筋肉で顕著に低下します。

千歳烏山・世田谷・芦花公園のナチュラル整骨院 千歳烏山院でのロコモーティブシンドローム予防施術で、生活の質を向上させましょう。
お悩みがある方は、相談だけでも受け付けております!

介護が必要な身体にならないように…

ロコモティブシンドロームとは、筋肉の衰えなどによる運動機能に障害が起こってしまうことをいいます。また、将来介護が必要になってしまったり、寝たきりの状態になってしまう可能性が出てきます。そうなってしまうと、身体だけではなく精神面にも影響が出てきてしまうかもしれません。生涯自分の足で歩き続け、元気に過ごすためにロコも予防をしていきましょう!!筋肉の状態が変わるだけで、その後々の生活の仕方が変わっていきます。

ロコモにならないための体つくり

ロコモになって寝たきりにならないためにも深層筋をしっかりと治療をしていきましょう。なぜなら表層の筋肉よりも深層の筋肉の方が寝たきりに直結してしまうからです。表層の筋肉が身体を動かす筋肉。深層の筋肉が体の姿勢を保持するための筋肉です。長時間ベッドで寝ていたり無理な姿勢で長時間立ち続けていると深層の筋肉が硬くなりやがて筋肉が硬直してしまうのです。積極的に深層の筋肉に治療をしていきましょう。

ロコも予防のトレーニング開始いたしました

我々ナチュラル整骨院では、ロコモーティブシンドローム予防のトレーニングを開始いたしました。治療実績のあるインナーマッスルセラピーとロコモ予防のトレーニングにストレッチがドッキングした理想的なトレーニングメニューです。是非一度体感してみてください!40~60代の患者樣に、特に人気のあるメニューです。

ロコモーティブシンドロームにならない為に

ロコモーティブシンドロームとは、運動器症候群と訳されます。
運動器とは、骨や骨格筋、関節など、運動に類する部位の能力低下の事を指します。
ロコモーティブシンドロームに陥りますと、将来的に自分の足で歩き続けられず、健康寿命が短くなってしまう可能性がございます。

ロコモ予防はこれからの国民的な課題です!

ロコモーティブシンドロームという言葉が徐々にですが耳にするようになってまいりました。統計では、現代の日本人の30%以上が既にロコモ対象であるとの調査結果もございます。「一生自分の足で歩き続ける為のトレーニング」を是非一度お試し下さい。

ロコモ予防対策、されてますか?

ロコモーティブシンドロームにならない為のトレーニングを当院では行っております。
当院の代表するインナーマッスルセラピーとスロトレ、骨盤矯正ストレッチがセットになった「一生自分の足で歩き続ける」為のトレーニングメソッドです!!
是非、スタッフと素敵な汗をかきましょう!!

ロコモ予防トレーニングコースあります!

ロコモーティブシンドロームと言う言葉が段々と定着してまいりましたが、皆様は意識されておりますか?
ロコモーティブシンドロームとは、「運動器症候群」と訳され、メディアで紹介される場合は、主に筋力低下の事を指します。
昨今の生活習慣によって、若年層~中年層の現役世代の筋力低下が大変懸念されております。
当院では、ロコモ予防の為のトレーニングをインナーマッスルセラピーに織り交ぜ、治療とトレーニングの効率性を重視し胸を張っておすすめするコースとなっております。

ロコモ予防は、これからの健康寿命への課題です。

ここ最近、非常に元気なお年寄りがご活躍されておりますが、実は現在働き盛りの30~40代の方々が今の生活習慣のまま高齢を迎えますと、通称「要介護予備軍」と認定される方々が急増してしまう、と言う様な統計が出ているそうです。
是非、今から健康的な生活をおくり、健康寿命を延ばしていきましょう

ロコモ予防!EMSによる筋肉トレーニング導入

近年、超高齢化社会を迎えることはニュースなど通じてお聞きしたことがあるかと思います。
スマホが普及する中、運動習慣も少ない現代人は体幹筋力も弱り、ロコモ予備軍とも言えるでしょう。
運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を
「ロコモティブシンドローム」といいます。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなるということになります。
ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。進行すると日常生活にも支障が生じてきます。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。
いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。
ではどう改善べきか、
当院では運動習慣がなくても効果的に筋力トレーニングを行えるEMSを9月から導入しました。
最近CMでも紹介されていますね。
当院では市販のものでは実現が難しい、深層筋へのアプローチができるようになりました。
お試し1080円で行うことが出来ます!ぜひお試しあれ!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0003 世田谷区南烏山6-33-33 ウェスタリアハウス2-1F
駐車場なし
電話番号03-5314-3390
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜日